不妊治療の基礎知識

HOME > 不妊治療の基礎知識 > 子宮内膜症 チョコレート嚢腫

子宮内膜症 チョコレート嚢腫

はじめに

子宮の内側を覆っている「子宮内膜」は、排卵が起こると受精卵が着床できるよう、ホルモンによってフカフカの柔らかい状態へと変化します。しかし、受精卵が着床しない、つまり妊娠しないと、受精卵のために準備されていたフカフカの子宮内膜は血液とともにはがれおち、子宮口から外へと排出されます。これが、月に一度の月経で、女性の月経期間である約40年間、子宮内膜は増殖と剥離を繰り返しているのです。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来子宮の中のみにあるはずの子宮内膜が、何らかの原因によって子宮以外の場所にできてしまう病気です。通常子宮の内側にある子宮内膜は、毎月月経のたびに子宮の内側からはがれ落ち、月経血として腟から体の外に流れ出ていきます。しかし、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は出口がないため、腹腔内にとどまってしまいます。よって病変部位に古い血液が溜まり、炎症や痛みなどが発生します。


出来やすい場所は、卵管、卵巣、ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)などの子宮周囲の組織や腸や直腸といった組織ですが、まれに骨盤内を外れ、肺など組織にも出来るようです。
また、出来た子宮内膜から出血した場所は傷と判断されます。そして、体が治癒しようと病変部位を覆うような膜を作るのですが、この膜は臓器どうしや腹膜との癒着の原因となってしまうのです。一度癒着した場所は手術によってしか剥離することは出来ません。

チョコレート嚢腫とは

子宮内膜症の一種です。子宮内膜の病巣が卵巣内にでき、出血を繰り返すことで卵巣に血液が溜まります。そして、体外に排出されることなく溜まり続けた古い血液はドロドロの茶色いチョコレート状のものとなり、卵巣を腫れあがらせます。これがチョコレート嚢腫です。進行すると卵巣のほぼ全体を占めるまでに大きくなり、また、周囲の組織(子宮、卵管、大腸など)と癒着してしまいます。

子宮内膜症の症状

月経の時期に病巣部位が出血、剥離をするため、基本的な症状は痛みになります。子宮筋層内に内膜があれば、月経痛(生理痛)、腹膜にあれば腹膜を刺激することで下腹部の痛みといったように、内膜のできる場所によって痛みの場所も変わります。


チョコレート嚢腫の場合、進行すると月経時以外でも腰痛や下腹部痛が起こります。また、ダグラス窩周辺に癒着があると、性交痛が出たりもします。

子宮内膜症の診断

子宮内膜症の診断には、2通りの方法があります。

  • 問診、内診、血液検査、画像診断(超音波[エコー]、MRI、CTなど)などによる方法
  • 腹腔鏡による方法

外来受診で済むほか、患者さんへの負担も少ないという理由から、現在最も多く用いられているのは1の方法です。しかし、1の方法で子宮内膜症と診断できる確率は約75%、確実に診断するためには体に小さな穴をあけ、腹腔鏡を用いて診断しなければなりません。よって患者さんに負担がかかるため、単に確定診断をつける目的だけで腹腔鏡が用いられることはありません。


しかし、妊娠を希望し、お腹の中の癒着の状態などを一度確認しておいた方が良い場合や、日常生活に支障が出るほどの症状がある場合などは腹腔鏡検査を行います。担当の医師と相談し、自身の状況に見合った検査方法を選択することが大切です。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療には手術療法と薬物療法の2通りがあります。 手術療法には、「病状を直接目で見て確認できる」「病変部位を除去できる」というメリットがありますが、「術創が残る」「入院が必要」「患者への負担が大きい」などのデメリットがあります。また、薬物療法は「患者への負担が少ない」という反面、「治療に時間がかかる」「薬の副作用がある」というデメリットがあります。 よって、患者さんの症状により、治療法が選択されます。


子宮内膜症の手術療法
一概に手術療法といっても、その中にも何通りかの方法があります。

子宮内膜症の病巣のみを除去する方法

腹腔鏡手術は確定診断をする場合や超音波検査の結果、開腹をするまでではないと判断された場合、不妊治療を目的とする場合が多いようです。方法としては、腹部に小さな穴を数ヶ所開け、お腹の中を炭酸ガスで膨らませます。1つの穴からは、中の様子をモニターに映し出すための腹腔鏡を挿入し、もう一つの穴からは病巣部を除去するための器具を挿入します。
開腹手術は、チョコレート嚢腫があったり、癒着がひどい場合などに選択されることが多いようです。方法としては、腹部を大きく切開(8-10cm)してから、病巣部のみを除去します。

子宮全摘出

卵巣まですべて摘出してしまう方法は子宮内膜症の唯一の根治術です。症状が非常に重症である場合、閉経も近い年齢の場合に選択されることが多いようです。しかし、卵巣も摘出してしまうと術後にホルモンバランスの崩れにより、更年期障害などの障害が起こる可能性があります。よって、卵巣の一部を残す準根治術という方法もあります。こちらは重症の場合、妊娠を望んでいない場合などに選択されます。

子宮内膜症の薬物療法

子宮内膜症の薬物治療では、薬によって月経を止める治療法です。
子宮内膜症は毎月の月経のたびに病巣部から出血し、悪化する可能性があります。よって、月経を止めることで病気の進行を抑え、その間に自身の治癒能力などによって病巣の治癒をはかります。薬物療法にも、何通りかの方法があります。

偽閉経療法(GnRHアナログ療法、ダナゾール療法)

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えることで月経を止め、体を閉経した状態にする治療法です。


  • GnRHアナログ療法
    人工的に閉経状態を作るため、更年期症状(のぼせ、ほてり、肩こり、発汗、頭痛など)の副作用があります。また、骨密度が下がってしまうため最長6か月間までしか使うことができません。6か月の間はずっと飲み続ける薬になります。
  • ダナゾール療法
    ステロイド製剤のダナゾールは男性ホルモンの誘導体です。よって、ニキビや体重増加といった副作用があります。こちらは通常4か月内服します。

・内服薬:1回1〜2錠、1日2〜3回
オイスロン・ボンゾール

・注射薬:月に1回、皮下注射
リュープリン・スプレキュア

・点鼻薬:1回1〜2噴霧、1日2〜3回
スプレキュア・ナサニール

偽妊娠療法

身体を擬似妊娠状態にすることで、エストロゲンの分泌を抑え、月経を止める治療法です。
擬閉経療法と比較すると、副作用が少なくてすむこと、長期間に渡って服用することが可能であることがメリットです。しかし、擬閉経療法に比べると治療効果が薄く、長期間の治療を行わないと治療効果が期待できないという点は考慮すべき所です。


  • 低用量ピル
    排卵や子宮内膜の増殖を抑える働きがあり、飲み続けることで月経量が減って月経痛が軽減されます。もともとは避妊薬のため、妊娠の予定がない女性の治療に選択されます。
    重い副作用はほとんどありません。人によっては飲み始めの1〜2か月の間に吐き気や不正出血があったり、服用期間中に体重増加が見られる場合もあります。

    低用量ピル一覧:
    http://www.cocokarada.jp/medicine/freeword/index.jsp?pilbookno=125100
  • 黄体ホルモン療法
    ピルには、2種類の女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が含まれるのに対し、黄体ホルモン(プロゲステロン)のみを含む薬剤で治療する方法です。偽閉経療法と同じく、卵巣から出るエストロゲンを抑える効果がありますが、偽閉経療法が完全に女性ホルモンを抑えきってしまうのに対し、こちらはやや弱めにコントロールすることができます。よって、副作用である更年期症状や骨密度の低下が軽減され、長期にわたって服用することが可能です。主な副作用は不正出血ですが、偽閉経療法を数か月行った後に黄体ホルモン療法を行うと改善される場合がほとんどです。
    プロベラ・ヒスロン

これまで、さまざまな治療法を紹介してきました。
ピルには、2種類の女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が含まれるのに対し、黄体ホルモン(プロゲステロン)のみを含む薬剤で治療する方法です。偽閉経療法と同じく、卵巣から出るエストロゲンを抑える効果がありますが、偽閉経療法が完全に女性ホルモンを抑えきってしまうのに対し、こちらはやや弱めにコントロールすることができます。よって、副作用である更年期症状や骨密度の低下が軽減され、長期にわたって服用することが可能です。主な副作用は不正出血ですが、偽閉経療法を数か月行った後に黄体ホルモン療法を行うと改善される場合がほとんどです。

Supporter

田村秀子産婦人科 ASKAレディースクリニック みむろウィメンズクリニック

What'sNew

Cooperator

サクロ屋 Nature'sGift

AD info

ああ不妊治療

Link

AII About Fine リーベマリール