不妊治療の基礎知識

HOME > 不妊治療の基礎知識 > クラミジア

クラミジア

クラミジアとは

クラミジアといっても数種類あり、一般的に知られているクラミジアは、クラミジア・トラコーマティスという種類になります。昔は目の感染症として大流行していたのですが、衛生状態の改善により目の感染は影を潜め、現在では最も多い性器の感染症として見られるようになりました。また、最近ではオーラル・セックスが一般化している傾向にあるため、性器のみでなく、口の中からクラミジアがみつかり、口腔から性器へ逆感染するパターンも見受けられるようになっています。


クラミジアの正体は、直径300〜1000nmの細菌です。自分自身では増殖することができず、感染した生体の細胞に寄生し、そこからエネルギーをもらって分裂、増殖します。増殖のスピードはだいたい48〜72時間程度、次々に新たな細胞へと寄生し、繁殖していきます。

クラミジアの症状

男性の場合、体内でどんどん増殖が進んでいくと、尿道から精管、精巣上体にまで感染が進みます。そして副睾丸炎(精巣上体炎)をひきおこし、無精子症などの不妊の原因となります。


女性の場合、クラミジアが腹腔内に達すると、卵管周囲の組織が癒着してしまいます。それにより、卵管閉塞や卵管の通過性が障害されるといった症状が起こり、不妊の原因となります。さらに、感染した状態で妊娠してしまうと陣痛を誘発させるため、妊娠初期では流産の原因となり、妊娠中期以降では早産の原因となるほか、運良く出産できたとしても、新生児に結膜炎や新生児肺炎を発症させる原因となります。

クラミジアの診断方法

クラミジアは泌尿器科や産婦人科などで簡単に検査することができます。


男性の場合は早朝時の初尿または尿道内の分泌物を専用の綿棒で採取し、検査を行います。女性の場合は膣内の分泌物を採取し、検査します。尿検査は十分検体を得ることができないため行えません。


クラミジアの検出には核酸増幅法(PCR法、LCR法)や抗原検査法を用います。 核酸増幅法(PCR法、LCR法)は、クラミジアの遺伝子を検出し、その有無を調べます。また、抗原検査法は、体内の細胞から直接クラミジアの有無を調べる方法です。


そのほか、血液検査でもクラミジアの抗体(IgA、IgG)を調べることで、感染を知ることができます。しかし、検査の判定に時間がかかるうえ、治癒した後でも反応する可能性があるため、感染中なのか治癒後なのかが分からないこともあります。よって、過去に感染の既往歴があったかなどを判断するためには有効ですが、現在の感染を正確に診断するためには尿検査や綿棒で検体を取る検査をおこなう必要があるようです。


また、最近では病院に行くのが困難な人や、抵抗がある人のために、インターネットなどから自己検査キットを購入することも可能になりました。こちらも病院の検査と同じように、尿や分泌物などをを自身で採取し、検体を郵送することで感染の有無を調べることができます。しかし、摂り方が不十分だったりすると正確な結果が得られないため、なるべく病院で検査をすることをお勧めします。

クラミジアの治療方法

クラミジアの治療には以下の抗生物質が推奨されています。


  • テトラサイクリン系抗生物質(製品名:ミノマイシン、ビブラマイシンなど)
  • マクロライド系抗生物質(製品名:クラリス、クラリシッド、ジスロマックなど)
  • ニューキノロン系抗菌剤(製品名:クラビット、バクシダールなど)

通常内服薬を用います。服用期間はだいたい1〜2週間ですが、マクロライド系抗生物質のジスロマックだけは1日の服用で済みます。また、腹膜炎を起こしている時は点滴の治療となることもあります。妊娠中は「ジスロマック、クラリス、クラリシッド」などを用います。薬の選択肢は多様なため、医師と相談し、自分に合った薬を選択することが大切です。


関連記事:
クラミジアの薬物一覧
http://www.health.ne.jp/medicine/efficacy/effic080711.html


「ジスロマック」は2004年にクラミジアに使用することができるようになった新しい薬です。従来の抗生剤は、約2週間にわたって1日2〜3回の服用が必要でしたが、ジスロマックは1回に4錠(1000mg)を飲むだけで7〜10日間血中濃度が持続されるため、一度の服用で効果があります。クラミジア治療では最も注目されている薬剤です。


関連資料:
ジスロマックの有効性
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2004/2004_05_26.html


治療において注意して頂きたい点としては、服用中に症状が改善し、治ったような感じになることがあります。しかし、症状がなくなっても中途半端な服用では菌は完全になくなりません。よって、自己判断で中断してしまうことで残った菌が再び繁殖し、症状が再発するほか、感染を蔓延させる原因となります。完全に菌を除去するために、処方された薬をきっちりと服用することが大切です。

最後に

これまでに述べた通り、クラミジアには自覚症状がほとんどありません。そのため、症状が出るまで放置してしまったり、性感染症ということで通院に抵抗があり、治療しないままにしてしまうケースも少なくない疾患です。しかし、そういった行動はさらなる感染を広めるだけに過ぎません。よって、まずは罹らないための工夫を身につけること、そしてかかっても早期発見・早期治療を心がける必要があります。


クラミジアにならないためには、コンドームを使用すること、パートナーを固定化させること、定期的に検査するほか、心当たりがある場合はすぐに受診するようにしましょう。


また、治療をする際には、パートナー間で感染を往復させる「ピンポン感染」にならないためにも、必ずパートナーと一緒に治療することが大切です。

Supporter

田村秀子産婦人科 ASKAレディースクリニック みむろウィメンズクリニック

What'sNew

Cooperator

サクロ屋 Nature'sGift

AD info

ああ不妊治療

Link

AII About Fine リーベマリール